SERVICE

事業承継

M&A事業承継の方法

地方の中小企業でも、

M&Aが一般的になってきました。

 

取引先や同業者がM&Aをした、またはされたというお話を聞かれたことがあるのではないでしょうか。
経営者の方にとって事業というのは自分の娘みたいなものとも言われます。

そのため、信頼できる人のもとで「事業を続けて欲しい」と思うのは当然のことです。
また現実的なところで、「従業員の雇用の維持」という問題もあります。

やはり、一般的には経営者よりも従業員の方が若く、従業員としてみれば事業が無くなると生活に支障が出ることは間違いありません。

 

 

POINT一般的に事業の出口は5つと言われています

 

この内、①上場はハードルが高いです。そして、プチ上場と言われる②M&Aも、今までの中小企業には縁遠いものでした。

以前は③身内への承継が圧倒的に多く、その中でも子への承継が多数でした。しかし、近年、子への承継は急激に減ってきています。そのため、後継者の選定は悩むことも多く、決めきれないまま経営者自身が年を取ってしまい、十分な承継期間が取れないということも起こってしまいます。

そうなると、事業を存続させたいという当初の目的が果たせなくなるということにもなりかねません。早くから準備をすれば打てる対策も多くなります。

事業承継について考えはじめることに、早過ぎるということはないのです。

 

 

METHOD中小企業のM&Aを成功させるには?

M&Aは、すでに取り引きのある企業や、
よく知っている同業者になるケースが多くあります。

 

merit

  • 事業資産を事業の譲渡対価としてお金に換えることができる
    =廃業するよりも、お金が手元に残りやすい

demerit

  • M&Aの相手がなかなか見つからない
  • 譲り受ける事業内容が完全に把握できない

 

中小企業のM&Aを
成功させるための4つの要素

財務・労務・法務の深い知識

経営全体を俯瞰的に見渡す視線

理知的かつ冷静な判断

両者の思いを繋げる情熱

 

M&Aはゴールではありません。

 

譲り渡す側の経営者にとっては、引退後の第2の人生を楽しんで頂く、ということが待っていますし、譲り受けた側にとっては、新しい体制となった事業でさらなる発展を目指すことになります。

そこまですべてを考えて、場合によってはM&A後のしっかり伴走できる仲介者を見つけることが、地方でのM&Aを成功させるポイントです。

 

 

OFFICE事務所案内

住所 〒721-0965 広島県福山市王子町1-2-24
TEL 084-931-1428
FAX 084-931-1434